たいかぶ.com

Investing in High-Tech

【2021Q2決算】シリコンウエハ大手の業績と今後の見通し《GlobalWafers》

f:id:yu-money:20210825012117p:plain

 

シリコンウエハ大手、GlobalWafers(TPEX: 6488)の2021年第2四半期決算をまとめました。

 

この記事を読むと

  • Q2業績の振り返り
  • Siltronic買収進捗
  • 今後のウエハ受給・設備投資

について知ることができます。

 

 

決算資料(参照資料)

以下、決算資料のダウンロード先です。

 

https://www.sas-globalwafers.com/en/gwc-holds-2021q2-english-earnings-call/

 

2021年第2四半期業績

 

  2021Q2 QoQ YoY
売上高 152億TWD
(約597億円)
+2.7% +11.0%
EBITDA 69億TWD
(約271億円)
+37.0% +23.4%
EBITDAマージン 45.5% +11.4ppt +4.6ppt
営業利益 43億TWD
(約169億円)
+7.8% +0.7%
営業利益率 28.0% +1.3ppt -2.9ppt
純利益 39億TWD
(約153億円)
+47.3% +16.4%
純利益率 26.0% +7.8ppt +1.2ppt
EPS 9.09TWD +47.1% +16.4%

 

括弧内に日本円換算値を記載しました。1TWD=3.925JPYで計算しています。以降、全てこのレートに従います。

 

  • 売上高:過去3番目の売上を記録
  • EBITDAマージン:過去最高更新
  • 純利益:過去最高更新
  • EPS:過去最高更新

 

Siltronic買収進捗

 

f:id:yu-money:20210825223028p:plain

― 2021年第2四半期決算説明会資料 より

 

  • 買収許可承認済み:ドイツ/オーストリア/韓国/台湾/シンガポール
  • 承認待ち:アメリカ/中国/日本

 

  • 今年後半に買収手続き完了予定(スケジュール通り)

 

質疑応答

以下、質疑応答をカテゴリ毎にまとめたものになります。

 

Q2業績振り返り

Q-1

Q2売上高のQoQ / YoY共にプラスの共な要因は?

どのファクターが売上高成長率に特に貢献?

A-1
  • 主に2つ
  • ①コネクティビティ、スマートフォン、オートモーティブ、パワーデバイスの成長
  • これらアプリケーション起因で今年上半期の出荷数が増加
  • ②去年Q4に拡張した韓国ファブ
  • 拡張完了後から現在に至るまでフル稼働状態

今後のウエハ受給

Q-1

ウエハ口径別の今後の需給について

A-1
  • (GlobalWafersの他の製品ラインナップと比較した場合)
  • 300mm EW、300mm PW、200mm SOIの需要が特に強い
  • 200mmと150mmウエハも安定した需要
  • 需要の強さ:300mm = 200mm > 150mm
  • 200mmのタイト感は凄まじい

 

EW, PW, SOIはそれぞれ
EW(Epitaxial Wafer、エピタキシャル・ウエハ)
PW(Polished Wafer、ポリッシュト・ウエハ)
SOI(Silicon-On-Insulator Wafer、SOIウエハ)
です。

 

Q-2

過去3年間のウエハ出荷数推移を見ると、ウエハ供給量が頭打ちになっているように感じる。

2022年通年のGlobalWafersのキャパとウエハ需要の見通しについて

A-2
  • 2022年通年の見込みウエハ供給は依然として非常にタイト
  • 特に300mm EW
  • 300mmウエハは2021年同様プラス成長継続
  • 出荷数成長率は他の口径より大きい
  • 2021年下半期だけでなく2022、2023年通してタイトであると見込む

 

今後の設備投資

Q-1

グリーンフィールドプロジェクトの進捗状況について

A-1
  • 将来的にグリーンフィールドによるキャパ拡張を計画するが、今はその時期ではない

 

今はブラウンフィールドプロジェクトがファーストプライオリティとのことで

  • 向こう18 ~ 20ヶ月における最優先の設備投資プロジェクト
  • 拡張対象ファブ:日本、SOI@アメリカ、EW@台湾・韓国以外
  • 全て300mmウエハへの投資
  • 2023年からこれらブラウンフィールド投資による恩恵を受ける

 

以上を踏まえてグリーンフィールド投資は

  • ブラウンフィールドプロジェクト完了後に検討する可能性あり
  • グリーンフィールドのクライテリア:
  • ①契約価格
  • ②グリーンフィールドにより新設する製造ラインの80%をLTAにより確保
  • ③(LTAによる)前払い

 

Siltronic買収における中国当局の承認

Q-1

中国当局からの承認について何かアップデートがあれば。

過去にいくつかの買収がブロックされているが、Applied Materials(NASDAQ: AMAT)のようにブロックされる心配はないのか?

 

A-1
  • スケジュール通りに手続きを行っている
  • 特に懸念はない

 

新規長期契約(LTA: Long Term Agreement)

Q-1

今年6月にGlobalFoundriesとの連携協議署名によるウエハ供給量拡大アナウンスがあったが、他の顧客とのLTAはどのような状況か?

A-1
  • 現在多数の顧客とLTAの交渉中
  • 交渉にあたっての条件として、3年未満の契約は結んでいない。少なくとも3年必要。
  • ウエハ価格についても改善中。
  • なぜなら、(ブラウンフィールド・グリーンフィールドの)キャパ拡大によるコスト増。

 

配当金

Q-1

ウエハ製造キャパ拡大の投資に伴い、例年に比べて2021年の配当性向が下がった。

2022年に(例年通りの)配当性向75 ~ 80%に戻ることはある?

A-1
  • 来年の配当性向も今年同様と見込む
  • (つまり来年も例年より低い配当性向)
  • 向こう2年間は製造キャパ拡大への投資を行うので配当性向は低くなる

 

業績推移(四半期別)

以下、今回の2021年第2四半期業績を追加した直近13四半期の業績推移になります。

 

売上高・EBITDA・営業利益

 

f:id:yu-money:20210823230429p:plain

 

EBITDAマージン・営業利益率

 

f:id:yu-money:20210823230419p:plain

 

EPS

 

f:id:yu-money:20210823230424p:plain

 

まとめ

  • Q2業績実績:①過去3番目の売上高を記録、②EBITDAマージン、純利益、EPSは過去最高更新
  • 増収増益要因:①コネクティビティ、スマートフォン、オートモーティブ、パワーデバイスの成長、②去年拡張した韓国ファブがフル稼働
  • 今後のウエハ受給:300mm EW、300mm PW、200mm SOIの需要が特に強い
  • 需要の強さ:300mm = 200mm > 150mm
  • 2021年下半期だけでなく2022、2023年通してウエハ供給はタイトである見込み
  • 向こう18 ~ 20ヶ月における最優先の設備投資プロジェクトは300mmウエハを対象としたブラウンフィールド
  • 拡張ファブ:日本、SOI@アメリカ、EW@台湾・韓国以外

 

では、この辺で。

拜拜~